家族旅行>名古屋港水族館

名古屋港水族館

名古屋港水族館へ

2004年5月8日

 2歳の長男は乗り物や動物が大好き。電車に乗りたくてしょうがないし、船にも乗ってみたい。そしてペンギンやカメさんやお魚も見てみたい!「じゃあその夢をかなえてあげよう」と思い立って、少し込んでいるかなとは思いましたが、土曜日に名古屋港水族館へ出かけました。

 同じ愛知県の我が家からはJRで名古屋まで出て、そこから地下鉄です。JRでは嬉しそうにしていた息子も、地下鉄はちょっと退屈そう。そりゃずっとトンネルだからねえ。

 実家から名古屋港水族館までは1時間ちょっとで着きました。ゴールデンウィーク直後だけど、天気が良かったこともあってやっぱりかなりの人出。入り口の方に向かうと、あれ?以前とはちょっと違うような気が…。なんだか建物が増えています。

 入場料大人2千円はちょっと高めかと思いましたが、入っていきなりびっくり。大きな壁面の水槽の中をイルカが2頭と、なんとシャチが泳いでいるではありませんか!そう、昔の展示にイルカやシャチが見られる新しい建物が増えていたのでした。

 この水槽は大迫力。しつこいようですがシャチが泳いでいるのを横から見れるんですから。

 フラッシュは使用禁止ですが写真は撮れます。ところが2枚撮ると電池切れ…!「あれえ?昨日充電しておいたのになあ?」と言うと、女房が「あ、わたし掃除の邪魔だったからコンセントを抜いちゃったわ!」「・・・」

 イルカのショーもあるのですが、午後一番のショーまでには時間があるので館内をまず見学。昔からある展示物の方へ向かいます。昔は広く見えたマグロが泳ぐ大水槽、ウミガメの水槽、ペンギンの水槽などがあるのですが、シャチとイルカを見たあとでは「こんなに小さかったかなあ」という印象でした。

 午後1時からのイルカのショーもとても楽しめるものでした。とにかくプールが大きい。その内にシャチも登場するそうです。ちなみに僕らは上から見ましたが、このショー、水中の様子を見ることも可能なのです。

名古屋港遊覧船

 ショーを見終わったら水族館を出て、名古屋港の遊覧船に乗ります。

 昔は金鯱号なんいていう、本当にシャチホコの形をした船が運航していたのですが、現在は普通の船になっています。名古屋港の遊覧船に乗るのは僕は幼稚園の時以来、でしょうか。名古屋港の中には大して見るべきものはないのですが、息子は動物をたくさん見たうえに、船まで乗れて大満足の一日でした。


広告